【MLB】大谷翔平、10戦ぶり3号ソロは最高到達点15メートルの超低空弾! 飛距離110メートル

©株式会社Creative2

6回に3号ソロホームランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

19日ロイヤルズ戦の6回第3打席で2号2ランを放って以来

■マリナーズ – エンゼルス(日本時間6月1日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手が5月31日(日本時間1日)、敵地・マリナーズ戦で「3番・指名打者」で2試合ぶりにスタメン出場。6回の第3打席で3号本塁打を放った。

 2点差に迫った6回2死、リークから左越えへ3号ソロを放った。トラウトとの2者連続弾は飛距離362フィート(約110.3メートル)、打球速度107マイル(約172.1キロ)、角度20度、最高到達点52フィート(約15.8メートル)。超低空飛行の弾丸ライナーだった。

 本塁打は5月18日(同19日)の本拠地ロイヤルズ戦で6回の第3打席で2号2ランを放って以来10試合44打席ぶり。4試合連続安打となった。

 初回2死の第1打席は103マイル(約165.7キロ)の強烈な打球だったが、一、二塁間に3人を配置していたシフトの網にかかって遊ゴロ。4回1死の第2打席も遊ゴロに打ち取られていた。

 前日30日のマリナーズ戦で7試合ぶりに欠場。菊池雄星とのメジャー初対決はお預けとなっていた。試合前まで76打数18安打の打率.237、2本塁打、11打点。(Full-Count編集部)