【MLB】大谷翔平、超低空飛行3号も空砲 トラウトとの競弾届かずエ軍の連勝3でストップ

©株式会社Creative2

6回に3号ソロホームランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

6回に10戦ぶり3号ソロ、8回に1点差に迫る左前適時打も1点差ゲーム敗れる

■マリナーズ 4-3 エンゼルス(日本時間6月1日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手が5月31日(日本時間1日)、敵地・マリナーズ戦で「3番・指名打者」で2試合ぶりにスタメン出場。6回の第3打席で左越え3号ソロを放つと、8回の第4打席では1点差に迫る左前適時打。4打数2安打2打点で今季6度目のマルチ安打をマークしたものの、チームは3-4で敗れ、連勝は3でストップした。

 2点差に迫った6回2死、リークから左越えへ3号ソロを放った。トラウトと2者連続。通算6度目のトラウタニ弾は飛距離362フィート(約110.3メートル)、打球速度107マイル(約172.1キロ)、角度20度、最高到達点52フィート(約15.8メートル)。超低空飛行の弾丸ライナーだった。本塁打は5月18日(同19日)の本拠地ロイヤルズ戦で6回の第3打席で2号2ランを放って以来10試合44打席ぶり。4試合連続安打となった。

 8回の第4打席では2死一、二塁の好機で迎えた。左腕・ビドルから左前適時打を放ち、1点差に迫ったが、あと1点が遠かった。2試合ぶり今季6度目のマルチ安打と奮闘したものの、チームは1点差ゲームを落とした。大谷の今季成績は80打数20安打の打率.250、3本塁打、13打点となった。(Full-Count編集部)