ポケモンと情報発信 三陸防災復興プロジェクト

©株式会社岩手日報社

 県は1日始まった三陸防災復興プロジェクトで、ポケットモンスター関連事業を手掛けるポケモン(東京都)と連携した情報発信を行う。8月7日までの期間中、スタンプラリーやフォトコンテストなどを行いイベントを盛り上げる。

 いわて応援ポケモンに任命されている人気キャラ「イシツブテ」にちなみ、事業名は「Let’s GO!イシツブテinいわて」。

 期間を通して実施するスタンプラリーでは、イシツブテのスタンプを5個集めると抽選でイシツブテグッズが当たる。スタンプは三陸鉄道やJRの駅、観光物産センターなど26カ所に設置する情報ステーションで押印できる。

 フォトコンテストはスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」のアプリケーション内の機能で撮影した写真で競う。優秀作品にはイシツブテのイラスト入りの特製南部鉄器が贈られる。期間は8月7日まで。また、7月1~15日の間、県全域で「ポケモンGO」においてイシツブテの出現率が高まる。