苦しい展開をはねのけ引き分けに

©株式会社福井新聞社

ルートインBCリーグ・福井―富山 1回福井無死一、三塁、工藤祐二朗が3点本塁打を放ち先制する=富山県富山市の県営富山野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは6月1日、富山県富山市の県営富山野球場で富山GRNサンダーバーズと戦い、6-6で引き分けた。通算成績は9勝16敗3分けで、順位は西地区4位。次戦は2日午後6時から、福井県福井市の福井フェニックススタジアムで石川ミリオンスターズと戦う。

福井 300 100 020…6 000 420 000…6 富山

 【評】福井は中盤に逆転される苦しい展開だったが、八回に2点を挙げて引き分けに持ち込んだ。

 打線は一回、澤端侑、石井建斗の連打で無死一、三塁とし、工藤祐二朗の1号3ランで3点を先行した。四回には中村辰哉、筒井翔也の連打で2死一、三塁とすると石井の適時二塁打で加点し、4―0とリードを広げた。

 しかし、三回まで1安打に抑えていた先発浜田宥希が四回に乱調。先頭に二塁打を許すとこの回計4長短打を浴び、一挙4失点で同点。さらに五回には1死から連打と四球で満塁とされ、右前適時打で2失点。4―6と逆転された。

 六回以降は中継ぎ陣が躍動した。六、七回を楊鑄真が無失点でしのぐと、八回は原田宥希、九回は高橋康二がいずれもゼロで抑えた。すると打線が八回、清田亮一、須藤優太の連打と犠打で1死二、三塁とし暴投と敵失で追いつき、黒星を免れた。