逆走事故、運輸安全委が現地調査

横浜「シーサイドライン」

©一般社団法人共同通信社

「金沢シーサイドライン」新杉田駅で、事故車両の調査に向かう運輸安全委の鉄道事故調査官ら=2日午前9時1分、横浜市磯子区

 横浜市の新交通システム「金沢シーサイドライン」の新杉田駅(同市磯子区)で自動運転の車両が逆走して車止めに衝突した事故で、運輸安全委員会の鉄道事故調査官は2日、現地で事故車両を調査した。運営会社による5月30日の目視点検で異常はなく、原因を詳しく調べる。神奈川県警も業務上過失傷害容疑を視野に入れて捜査する。

 県警磯子署は、15人としていたけが人を14人と訂正した。内訳は重傷6人、軽傷8人。

 事故は1日午後8時15分ごろ、新杉田発並木中央行き(5両編成)が出発しようとしたところ、約25メートル逆走して駅構内の車止めにぶつかった。