テレビで見ると…益若つばさの近影に衝撃の声「原型とどめてない」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

益若つばさ 

(C)まいじつ

テレビ出演やSNSへの自撮りアップのたびに、「顔が変わった」などと心ない言葉を浴びてしまっているモデル・タレントの益若つばさ。もはやその〝粘着ぶり〟は常軌を逸したレベルにまで達しているが、先日のテレビ出演でまたも同様の中傷を受けてしまったようだ。

標的となってしまったのは、5月30日に放送された『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)。同番組はここのところ〝ご当地ネタ〟をテーマにした放送が多く、中でも、映画『翔んで埼玉』にかけた〝埼玉女子〟は恒例企画とも言える状態になっている。

番組はこの日も「今、千葉女子が熱い! 埼玉よりイケてる千葉の女!!」と題し、千葉と埼玉出身の女性タレントがお国自慢や地元あるあるを展開。埼玉県越谷市出身の益若は埼玉女子側に座り、さまざまなエピソードを語ってスタジオを沸かせていった。

 

何度目か分からない〝整形疑惑〟

益若は埼玉出身でありながら千葉県柏市にも縁があると語り、過去に柏の『マルイ』が開催したスナップ大会で優勝したと告白。昔から容姿に恵まれていたことを表すエピソードだったが、ネット上では、

《益若つばさ顔変わり過ぎ》
《益若つばさ、野沢直子みたいになってきたw》
《テレビで見ると年相応… SNSとは全然違う》
《メンテナンスミスってすげーブサイクに…》
《テレビは加工できないからモロバレですよ》
《頬から口周りにかけて、違和感を感じるんだよね》
《え、なに? 整形失敗かなんかした? 原型とどめてないんだけど…》

など、現在の容姿に対する〝疑惑の声〟が続出してしまった。

今年で34歳を迎えるとは思えないほどかわいらしいルックスを維持している益若。根拠のない批判など気にせず、このまま〝奇跡のアラフォー〟に向かっていってほしいものだ。