聖火リレー、京都は天橋立や宇治橋 新スタジアムでセレモニーも

©株式会社京都新聞社

 2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が1日発表したオリンピック聖火リレーのルート概要で、京都府内は5月26、27日の2日間に計16市町を回る日程が組まれた。宮津市の天橋立、源氏物語の舞台となった宇治市の宇治橋付近などを巡る。

 都道府県別で29番目となる京都府は、兵庫県から聖火を引き継ぐ。26日朝、京丹後市を出発し宮津市、舞鶴市、綾部市、福知山市、長岡京市を経て、亀岡市で20年春オープン予定の府立京都スタジアムで到着セレモニーを行う。

 27日は宇治市から宇治田原町、城陽市、木津川市、精華町、京田辺市、八幡市、久御山町と進み、京都市左京区の岡崎公園にゴールする。各市町では約2キロのコースを10人程度のランナーがリレーでつなぐ。市町間は車で移動する。

 西脇隆俊府知事は「いよいよオリンピックが近づいてきたと実感している。聖火リレーを通じ、海、森、お茶の京都や竹の里・乙訓など府内各地の魅力を世界に発信していきたい」とコメントした。