16連敗中のヤクルト、5回終え5-1とリード! 試合は中盤戦へ、連敗ストップなるか?

©株式会社Creative2

5回を終え4点リードした展開で試合は中盤戦へ

■DeNA – ヤクルト(2日・横浜)

 16連敗中のヤクルトが2日、敵地でのDeNA戦で5回を終え5-1とリードする展開を見せている。

 ヤクルトは初回に2死満塁から大引の走者一掃となる右中間へのタイムリー二塁打で3点を先制。2回は1死二塁から塩見のタイムリー三塁打、3回もバレンティンの13号ソロでリードを広げた。

 先発の原は2回にロペスに一発を浴びたが5回を投げ終え4安打1失点の力投を見せている。

 前日の同戦で敗れセ・リーグ記録にもなる1970年の球団ワーストに並ぶ16連敗を喫したヤクルト。プロ野球の連敗記録は1998年ロッテの「18」連敗が最長記録となっている。(Full-Count編集部)