【MLB】大谷翔平「3番・DH」 第1打席は開幕投手の左腕ゴンザレスの前に空振り三振

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

3試合連続スタメン、内角高めへのカットボールに手が出て空振り三振

■マリナーズ – エンゼルス(日本時間3日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、敵地マリナーズ戦に「3番・DH」で3試合連続スタメン出場。第1打席は空振り三振に倒れた。

 大谷は初回、1死一塁で打席へ。マリナーズの開幕投手を務めた左腕ゴンザレス。1ボール2ストライクから内角高めへのカットボールを振り、空振り三振となった。

 大谷は5月31日(同1日)の同戦で右腕リークから今季3号ソロを放つなど、4打数2安打2打点と今季6度目のマルチ安打をマーク。1日(同2日)の同戦は4打数無安打と5試合ぶりのノーヒットに終わったものの、1四球で5試合連続出塁としていた。

 大谷はこの試合の前まで21試合に出場し、84打数20安打、打率.238、3本塁打、13打点の成績を残している。ここまでの3本塁打をすべて右腕から放っており、左腕からの今季初本塁打が飛び出すか、注目が集まる。(Full-Count編集部)