【MLB】大谷、“肘当て無し”で171キロ痛烈ライナー 三塁手の失策誘う、第2打席には犠飛

©株式会社Creative2

「3番・DH」で先発出場しているエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

打席途中にエルボーガード外れるも…痛烈ライナーに相手が失策、ここまでヒットはなし

■マリナーズ – エンゼルス(日本時間3日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、敵地マリナーズ戦に「3番・DH」で3試合連続スタメン出場。第2打席に満塁の好機で右犠飛を打ち、2試合ぶりの打点を挙げた。第4打席は三塁手の失策で出塁した。

 大谷は初回、1死一塁でマリナーズの開幕投手・左腕ゴンザレスの前に空振り三振。第2打席は3点リードの1死満塁、トラウトが申告敬遠となり絶好機で打席に入り、4球目をライトに運んで犠飛とした。これが2試合ぶりの打点となった。続くプホルスが3ランを放ち、エンゼルスはこの回一挙7点を奪った。

 4回の第3打席も無死一、二塁の好機で打席に入ったが左直に倒れた大谷。 8点リードとなった5回は2番手サドゼックと対戦し、3ボール1ストライクからファウル。ここで右肘のエルボーガードが外れると、そのまま“肘当て無し”で打席へ。続く6球目を弾き返すと、打球速度106マイル(約171キロ)の痛烈なライナーを三塁手シーガーが弾き、記録はエラーとなった

 大谷はこの試合の前まで21試合出場で打率.238、3本塁打、13打点。5月31日(同1日)の同戦では右腕リークから今季3号ソロを放つなど、4打数2安打2打点と今季6度目のマルチ安打。1日(同2日)の同戦は4打数無安打1四球で5試合連続出塁としていた。(Full-Count編集部)