バンダイ、子ども向けタッチパソコン、学習コンテンツなど多数収録

©株式会社BCN

バンダイは、PC型カラー液晶玩具「ディズニー&ディズニー/オイクサーキャラクターズパソコンとタブレットの2WAYで遊べる! ワンダフルドリームタッチパソコン」を発売した。税別価格は1万5980円。

3歳~小学校低学年をターゲットに据える

教科学習と語学学習を統合し、これまで母国語で学習していた科目を外国語で実践的に学ぶことで各教科の内容と外国語を同時に習得することを目指す新しい教育法「CLIL(クリル:Content and Language Integrated Learning)」を採用したメニューをはじめ、全100メニューを収録。ディズニーとディズニー/ピクサーのキャラクターの世界観を楽しみながら本格的に学べる。

実際のPCと同様のJIS配列キーボードを搭載しており、PCモードでは「こくご」や「さんすう」といった学習メニューや、本格的なPC操作の練習が可能なタイピングメニューで遊びながらPC操作の練習が可能。さらに、本体を折り返せばタブレット型に変形し、付属のタッチペンで、英語のヒアリングや文字の練習、小学校で必修化される「プログラミング」の学習ができる。

対象年齢は3歳から。長く使えるよう、学習カテゴリーごとに難易度別のメニューを用意する一方、タッチペンモードに収録するゲームは3歳頃の幼児でも楽しめるようにした。電源は単3形乾電池4本。折りたたんだ状態のサイズは幅225×高さ170×奥行き40mm。