「引退したのでは?」 小林麻耶がファンへきっちり回答できなまま結婚式生放送を敢行→炎上へ

©TABLO

6月2日、『7.2新しい別の窓』(AbemaTV)に夫で整体師の國光吟さんと共に出演し、“プチ結婚式”にてウエディングドレス姿を生放送でお茶の間に披露したフリーアナウンサーの小林麻耶さん。

関連記事:「芸能界引退したんじゃなかったの!?」 小林麻耶が『金スマ』『シンソウ坂上』連続出演のワケ | TABLO

麻耶さんといえば5月30日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演し、マスコミからの取材に苦しんでいたこと、記者から逃れたいがために一度は引退宣言をしたものの体の調子が戻ってきたため活動を再開したい気持ちがあることなどを赤裸々に話し、ネットにて賛否両論を巻き起こしていたのは記憶に新しいところ。

そんな中で行われた“プチ結婚式”、一体どんなことが行われたのでしょうか?

番組では稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんが麻耶さん夫妻のために、2人からお願いされたことを叶えるという企画を実行。麻耶さんは純白のウエディングドレス姿、國光さんはタキシード姿で登場し、お互いを「綺麗」「かっこいい」と褒め合うアツアツぶり。その後、香取さんにウエディングケーキを食べさせ合う“ファーストバイト”を撮影してもらったり、稲垣さんに結婚式用のブーケを作ってもらったり、草彅さんに國光さんのファッションコーディネートをお願いするなど、至れり尽くせりされていたのでした。

また番組では、國光さんがかつてEXILEのバックダンサーだったという衝撃の過去も判明。本人いわく「忘れてしまったくらい昔です。初代のほうです、2006年くらいですかね。ブレイクダンスとヒップホップをやっていました」とのことで、ダンサー時代の映像が流されるという展開に。現在の姿からは想像もつかない踊りっぷりに、香取さんからは「バキバキじゃないですか!」というツッコミが入っていました。

関連記事:小林麻耶『直撃!シンソウ坂上』で事実上の“引退撤回”宣言 6月2日には「結婚式を生放送」で炎上の恐れも | TABLO

さらに番組の後半には、番組からのサプライズとしてお笑い芸人・AMEMIYAさんがアコースティック・ギターを持って登場。AMEMIYAさんは2人の馴れ初めを細かくリサーチし、それを落とし込んだ歌詞を『冷やし中華はじめました』のメロディーにて熱唱。

会って一瞬で強烈に惹かれ合ったことや、初めて食事した帰りのタクシーでいきなり國光さんがプロポーズしたこと、混乱した麻耶さんが速攻断ったものの國光さんが諦めなかったこと、「私なんか踏み台にして!」と強がって家に帰ったものの「これは人生最大の “しなくていい我慢だ”」と気づいた麻耶さんが帰宅後に國光さんに電話したことなどが歌われ、AMEMIYAさんがラストに「初めて同じ部屋でぐっすり眠れる人 眠れてるどころかヨダレ垂らす勢い そんな風に過ごせるの妹以来 妹にそっくりな彼と巡り会えたのは きっと天国の妹が起こしてくれた奇跡」と最愛の妹・麻央さんの名前を出すと、麻耶さんも目に涙を浮かべておられました。

この結婚式について、ネットでは「小林麻耶さんの結婚式可愛らしくて良かったです」「かわゆい二人の感動的な結婚式だったね」「小林麻耶さん、おめでとう」と祝福の声が上がる一方、やはり引退宣言していることについてモヤモヤする人も多く、「あれ?引退するんじゃなかったけ? って思いがどうしてもよぎる」「この時間いらないなー小林麻耶元々無理 引退したんじゃないの?」といった声も上がっていました。

麻耶さんのインスタグラムより。「引退撤回ですか?という事に大して、どういう表現をしたらいいのかというのが現状」とのこと

当の麻耶さんは自身の引退について、『直撃!シンソウ坂上』放送後の5月31日、インスタグラムにて「体調の為、事務所を辞めました。引退をする為に辞めた訳ではありません。その後、引退説が流れました。なんで引退になってしまっているのだろうと思いました。体調が悪かったので引退でも仕方ないかなと思っていました。記者に追われ、怒りに任せ引退しているのでとブログで書いてしまいました。こういう経緯なので、引退撤回ですか? という事に大して、どういう表現をしたらいいのかというのが現状です。体調が良くなった今、仕事をしていきたいと思います」と正直なところを綴られています。

「勝手に引退説を流された、マスコミに追われたため引退と言ってしまった、などと無意識に『私のせいじゃない』感がひしひしと伝わってくる文章で、そこがアンチにイラつかれる要因なのは間違いない。素直に『一回引退って言いましたけど、やっぱりやりたくなったのでまたよろしくお願いします、出したり引っ込めたり騒いで申し訳ない!』と潔く謝るだけでだいぶ世間の印象は良くなると思います。プライドが高いからそういう事ができないんでしょうね」(テレビ局勤務)

確かに、この麻耶さんの説明文では、芸能界復帰にモヤモヤする人を減らすことはできなさそうな気が…。(文◎小池ロンポワン)