山道の案内はお任せ? ハンミョウ活発に活動

©株式会社紀伊民報

ハンミョウ

 和歌山県の紀南の山中で、「みちおしえ」などの別名がある甲虫ハンミョウが活発に動いている。県内での生息地が激減しており、県のレッドデータブックで準絶滅危惧に分類されている。

 体は金属のような光沢があり、濃紫色地に金赤色または金緑色の帯が美しい。体長2センチほど。日当たりの良い裸地を好み、アリなどを捕食する。

 かつては人里近くにすむ昆虫の代表種だったが、農道の舗装や開発による生息地の減少、除草剤散布の影響などで、近年、確実に見られる場所は少ない。

 近づくと、道に沿って人の進む先へと飛んで逃げていく習性から、道案内しているように見える。