NEWS・増田貴久が唐沢寿明とバディに! 黒髪&短髪で刑事役に初挑戦

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系で7月13日スタートの連続ドラマ「ボイス 110緊急指令室」(土曜午後10:00)に、NEWSの増田貴久が出演することが決まった。主人公の敏腕刑事・樋口彰吾(唐沢寿明)を“兄貴”と慕う後輩捜査員・石川透役を演じる増田は「刑事役は今回が初めてなのですが、やはり刑事には“カッコいい存在”という印象があります。頼りがいがあって、強く、優しい刑事を演じていきたいです」と意気込んでいる。

ドラマは110番通報から「10分で検挙」を使命とする緊急指令室のECUを舞台に、猟奇殺人犯に妻を殺された復讐に燃える“ハマの狂犬”こと刑事の樋口が、どんな微かな音も聞き逃さないボイスプロファイラー(声紋分析官)の橘ひかり(真木よう子)の指示の下、声だけを手掛かりに迫りくる凶悪犯罪者から被害者を救い出すストーリー。石川は強行犯係時代の上司・樋口を今でも“兄貴”と呼び、後に樋口が交番勤務となって問題を起こすたびにかばってきた役どころ。ECU配属となり、再び樋口と現場で捜査活動に当たることになる。

今作では、増田は黒髪の短髪という刑事らしい清潔感と凛々しさのある姿の役作りにも挑戦。「撮影初日は、いつも緊張して現場に入るのですが、一足先にクランクインしていた唐沢さんやスタッフの方々に優しく迎えていただき、いい緊張感のままリラックスして撮影に臨むことができました。唐沢さんと共演するのは今回が初めてですが、大好きな俳優さんなので、一緒の空間で時を刻めることがとてもうれしいです」とすぐに現場に溶け込めた様子。

さらに、「セットがすごいです! あるお店を再現したセットなのですが、最初は本当のお店をお借りしているんだと思っていました。ホコリをかぶった小物が置いてあるなど、一から作ったとは思えないセットに感動しています! 美術さんの細部への思いなどを聞くためにお友達になりたいです」と徹底的にリアルさにこだわる現場に感動したようで、「『ボイス』はハラハラドキドキする展開で、一度見たら抜け出せなくなること間違いなしです! ぜひご覧ください」と訴えている。