岐阜県福祉友愛アリーナがオープン!

©岐阜県

 2019年6月1日に、岐阜県では初めての障がい者用の体育館「福祉友愛アリーナ」がオープンしました。

 この施設は、障がい者の社会参加の促進、障がい者スポーツの推進等を目的に整備されたもので、車いすバスケットボールやゴールボールなど、多くの競技に対応したフロアのほか、サウンドテーブルテニス室を備え、公式試合も開催可能となっています。

 文字メッセージを表示できるテレビモニターや音声ガイド装置を各所に配置するとともに、ご家族や異性介護等にご利用いただける家族更衣室を備えており、視覚や聴覚に障がいをお持ちの方はもちろん、幅広い方々に安心してご利用いただけます。

 オープンに先立って、5月30日に竣工式、内覧会を開催しました。

【所在地】 岐阜市則武1816-1

【開館時間】午前9時~午後9時(5月~9月)

      午前10時~午後9時(10月~4月)

【休館日】 毎週火曜日、祝日の翌日、年末年始

【利用料金】サウンドテーブルテニス室 350円/時間

      フロア 全面1,000円/時間、半面500円

 

      ※ 障がい者、障がい者団体は無料

【申込み先】岐阜県福祉友愛アリーナ 

      Tel:058-233-7500 

      Mail:yuai-arena@gpsa.jp 

外観
テープカットの様子
更衣室内部
ゴールボールのデモ
車いすバスケットボールのデモ