会社への愛想が尽いた瞬間「会社の借金を背負わされそうになった」「給与を勝手に分割払い」「死んでから会いに行け」

©株式会社グローバルウェイ

会社への愛想が尽いた瞬間

完璧な会社は、そう多くない。人間関係や待遇、仕事内容などに多少の不満は持ちながら働くのが普通だ。しかし、我慢レベルが限界に達すると「もう、辞めてやる!」とプッツンしてしまうこともある。キャリコネニュースが読者から寄せられた「退職しようと思った瞬間」エピソードを見ていこう。

技術職の30代男性の元勤務先では、取引先からの入金状況によって給料の支払い方法が変わったという。会社の財政状況がよくないと、分割で支払われることがあった。生活設計が崩れるので勝手に分割されるのは困りものだ。それだけでなく、

「ワンマン社長にありがちな妙な理論にも愛想が尽きて辞めました」

と明かした。

助成金の不正受給を指摘すると「そんなことみんなやっている」と逆ギレされた

営業職の40代男性は上司を苦々しく思っていた。マネジメント能力はなく、事務の女性が退社するとネットサーフィン三昧の日々を送っている。そのくせ「売り上げを上げろ。じゃないと俺たちが評価されずボーナスが出ないんだ」と1時間にわたって説教することもあった。

「上司は社内でクライアントや協力会社の悪口をずっと言っていて、聞いていて不快でした。人材派遣で助成金を不正受給していて、上司のそのことを言うと『そんなの当たり前でみんなやっている』と逆に怒られました。この人たちはダメだと思いました」

管理・事務職として働く20代女性は、「経営トップの不祥事で、会社が全国的にニュースになったことがあります。それ以来、経営方針がどんどん悪くなりました」と負のスパイラルに陥っていると明かす。

「とにかく利益重視で、顧客の都合など考えなくなりました。上司から命じられたことを忠実に行うのですが、クレームの嵐です」

業績の悪化にともない、「ボーナスは出せない」との話も出ている。女性は「何のために働いているのかわからなくなりました」と綴った。

この道10年以上なのに我流で帳簿を付ける経理「俺は会計はわからん」

技術職として働く30代男性は、「社長から『わざと残業して残業代を稼いでいるだろう』といちゃもんをつけられ、残業代を9割カットされました」という。残業代の支払いをしたくないための発言なら悪質極まりない。ほかにも、

「祖母が一時危篤になったときには、『死んでから会いに行け』と言われました。会社の設備投資の借金を背負わされそうになったり、自家用車を会社名義への変更を強要されたりと、やりたい放題の会社でした」

と綴った。

経理職をする30代男性は、入社して前任者から引き継ぎを受けた際、唖然とした。前任者は10年以上のキャリアを持っていながら簿記の知識はほとんどなく、我流で帳簿をつけていたからだ。

「私は日商簿記二級を持っていますが、どういう仕訳処理をしているのは意味がわかりませんでした。質問したら『俺は会計はわからん』と開き直っていました。周りをぞんざいに扱うタイプの人で、面倒な仕事は他人に丸投げする人でした」

社長も会社の舵取りをうまくできておらず、男性は当時を「マネジメントが機能していなかったですし、改善も困難なため退職しました」と振り返った。

キャリコネニュースでは「会社を辞めようと思ったエピソード」のほか、「働き方改革の弊害」「ありえない新人エピソード」も募集しています。