与党検討委の結論 金子氏「26日までに」 長崎促進協の合同総会で

©株式会社長崎新聞社

九州新幹線長崎ルートは「フル規格による整備こそが必要不可欠」と決議した合同総会=長崎市大黒町、ホテルニュー長崎

 長崎新幹線・鉄道利用促進協議会など3団体の合同総会が3日、長崎市内であった。九州新幹線長崎ルートは「将来の西九州地域の姿を見据えると、フル規格による整備こそが必要不可欠」とし、課題解決に向けた方策を早期に示すよう国に求める決議を採択した。

 与党検討委員会のメンバーの金子原二郎参院議員(自民)はあいさつで、「リレー方式がずっと続くことになれば、県やJR九州にとって悲劇的だ」と強調。「フリーゲージトレイン(軌間可変電車)を導入できなかったのは国の責任。国の責任を追及しながら佐賀県の同意を得られるよう努力する」と語り、「(国会期末の)26日までには与党検討委としての結論を出したい」と述べた。

 また、全線フル規格に反発する佐賀県の考えを変えるために、「民間を中心とした新幹線推進協議会を立ち上げ、積極的に働き掛けてほしい」と呼び掛けた。

 総会には約470人が出席した。