ローラの振る舞いに「ウソつき」「偽善者」の罵声噴出…バイトテロと同じ

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

タレントのローラに対し、「ウソつき!」「偽善者!」などの罵声が噴出している。

「ファンからも『人間的に信用できない』などと悪評が飛び交っています。発端は去る5月27日付の彼女のインスタグラム。神奈川県の知り合いにのところに行く際に、電車を利用し、車内で立ちながら〝自撮り〟。何と他人を勝手に写し、インスタにアップする暴挙を犯したのです。無許可で他人の顔をインスタに載せるなんて、リテラシーのかけらもない。彼女のようにフォロワーが大勢いるインスタなら、肖像権の侵害に当たります。ワケありカップルなどを撮ってしまえば、名誉棄損になりかねない。この程度の〝常識〟すらないのでしょう」(ネットライター)

ローラは、そのファッション性とユニークな言動から、女性の間ではカリスマ的な存在。ファロワー数では渡辺直美に次ぐ、日本2位とさえいわれる。

「彼女のように知名度が高い人間は、それだけ影響力が大きい。だから、なおさら自分の投稿には気を付けなければなりません。それが分からないならば、そのあたりの〝バイトテロ〟と頭は同じ。自分の知名度をカサにきた〝ネット暴力〟でしょう」(同・ライター)

 

「とりあえずオッケー」じゃ済まされない

ローラのSNS上の〝トラブル〟は枚挙にいとまがない。有名なのは沖縄の辺野古基地の反対発言だ。

「沖縄の人の名を使って『反対』を唱えるなら、誰でも言えます。でも代替案もなく、それを言うだけ。ならばローラには億単位の寄付でもして、それから言ってほしい。自衛隊の人間だって、みんな悩む問題です。ただの売名でしょ」(自衛隊幹部)

ローラはこれまで「小動物を保護しろ」「生態系のためにプラスチックを捨てるな」などと発信、最近では象牙問題をインスタに書いている。

「犬猫問題だって、滝川クリステルのように保護団体を作り、自宅で犬10匹飼うようなことをしているのか。何もしていないなら『偽善者』であり『ウソつき』と言われてしまう。言うは易しです」(前出のネットライター)

ローラは今年3月、ハリウッドスターのAと一緒にいるところを週刊誌に撮られた。そのときの格好が、股間が見えるようピンクの洋服を着ていたものだから、「安い娼婦のようだ」とまで書かれてしまった。

「Aとのショットは〝国辱モノ〟です。ハーフコートを羽織った姿は、とりあえず裸を隠すストリートガールとほぼ同じ。しかもコートの下はド派手な服でした」(芸能ライター)

今後は口だけと言われないよう、ガンバってほしいものだ。