立民、国民が相互支援確認

参院選挙区の候補一本化

©一般社団法人共同通信社

 立憲民主党の福山哲郎、国民民主党の平野博文両幹事長は4日、国会内で会談し、夏の参院選における相互支援の在り方を協議した。どちらかの公認候補に一本化できた選挙区では、相互に支持を要請できるとの方針を確認した。一本化で合意した改選1人区の候補のうち、党籍のない無所属候補の扱いでは、地元の要請があれば、推薦できることも申し合わせた。

 両党は5日までにそれぞれ党内の了承を得る見通し。いずれかの党籍を持つ無所属候補については、選挙区事情を踏まえて今後対応を検討する。

 取り沙汰される衆参同日選に向け、衆院小選挙区の候補者調整を加速する考えでも一致した。