vol.27 「姉としての好感度作戦」は失敗なれど充実のはしご酒

©有限会社ルーフトップ

こんにちは、今野亜美です。

先日、弟が友達とモロッコ旅行へ。帰りは22時過ぎに羽田空港着とのこと。それを聞いた私、ニヤリ。「迎えに行こう」。姉としてのポイント、稼ぎたい。あと、羽田空港はお酒的な意味でも気になるスポットだったりもして。

当日の昼、カタールで乗り継ぎ待ちの弟から「飛行機遅延」と連絡を受けるものの、羽田をゴールとしたはしご酒を敢行。1軒目は羽田まで電車で30分弱、「蒲田」にある立ち飲み「うなぎ家」さんから。少し飲んで次のお店へ、の予定だったのですが1杯目の「ホッピー」を飲み干し、2杯目はマスター一押し、ウィスキーの烏龍茶割り「マッサンとウーロン」、3杯目はetc...なんてやっていたら予想外の長居。結局、ここ1軒のみ堪能し、羽田へ向かったのでした。

「うなぎ家」さんは店名の通り「うなぎ」をおつまみに飲めるお店。「うなぎ串焼」「うなぎきも焼」が各300円。酒欲をそそる香ばしいタレの香り。これでグイグイいけてしまうから、そこそこな酔い加減で羽田着。

まだ時間に余裕あり。前もって調べていた、空港内24時間営業の居酒屋「すぎのこ」さんへ。店内奥の座席に座ると隣の窓から空港内が見渡せて、これがとても良い光景。「ジャスミン茶割り」片手に優雅な時間。おつまみでいただいた特製「手造り豆腐」は大豆のコクが際立っていて美味しかった。

予定を1時間過ぎる頃だろうか、飛行機が到着した模様。急いで到着ロビーへ向かうと、弟からメール。飛行機からなかなか降りられないらしい。終電のタイムリミット間もなく。コンビニで水を買ったりウロウロと粘っていると追い打ち、「終電無理」の報告。友達と空港オールするとのこと。終電まであと数分。速攻切り替え、猛ダッシュで電車に飛び乗った。先ほど買った水を飲んで酔いを醒ましながら一人帰宅。

下心満載「姉としての好感度作戦」は見事散り、仕上がった普段通りの「酔っ払い」は思う。ああ、充実のはしご酒だったな。

今野亜美 Imano Ami

2014年、アイドルグループ『清 竜人25』のメンバー「清 亜美」として活動開始。

2017年6月、幕張メッセイベントホールで行なわれた『ラスト♡コンサート』をもってグループは解散。

同年6月19日、「今野亜美(いまのあみ)」としてソロ活動を開始。

大のお酒好きで、アイドル時代から発信している1,000円で居酒屋を旅するブログが話題になっている。