【ラ・リーガ】超新星フェリックスはどのビッグクラブへ?ベンフィカがレアルの破格オファーを拒否

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

ベンフィカはヨーロッパ中のビッグクラブが関心を寄せるポルトガル代表FWジョアン・フェリックスを、何としてもチームに留めたいと考えているようだ。先日レアル・マドリードのオファーを断ったとスペインメディア『AS』が報じている。

【代表】ポルトガルがNL決勝トーナメントに臨む招集メンバー発表!C・ロナウドに19歳フェリックスが選出

レアルはフェリックスに対し、移籍金8000万ユーロ(約97億円)+出来高4000万ユーロ(約48億円)の超破格オファーを提示。しかしベンフィカは、計1億2000万ユーロ(約145億円)の取引を拒否したようだ。19歳のフェリックスは、2018-19シーズンの公式戦で20ゴール11アシストを記録し、ベンフィカのリーグ優勝に貢献。レアルの他にも、ユベントス、シティやユナイテッドといったマンチェスター勢、バルセロナやアトレティコ・マドリードなどヨーロッパを代表するクラブが熱視線を送っている。

【プレミアリーグ】B・フェルナンデス獲得間近のシティ さらなる補強に向け19歳フェリックスにアプローチ

レアルがフェリックスの才能に気づいたのは、2017年のUEFAユースリーグでのこと。ベンフィカの下部組織出身だったフェリックスのプレーに魅了され、今年4月にはUEFAヨーロッパリーグでアイントラハト・フランクフルト相手にハットトリックを達成したことで、上位ターゲットとしてオファーに踏み切ったようだ。

ベンフィカがレアルからの超破格オファーを拒否