7月24・25日は闘鶏神社の例祭「田辺祭」へ

©和歌山県田辺市

 「田辺祭」は、450年余の歴史をもつ、毎年7月24日・25日に行われる闘鶏神社の例祭で、街をあげての賑わいとなります。

 この祭は、旧城下の各商人町から8基の「おかさ」と言われる、京都の衹園祭のような笠鉾が町中を練り歩く、田辺を代表する紀南地方最大の祭礼です。

 田辺は、古くは「牟婁ノ津」と呼ばれましたが、熊野三山信仰が繁昌した時代には熊野への入口、海陸交通の要衝として「田辺」の名が歴史に現れてきます。江戸時代には城下町が形成され、中辺路・大辺路の分岐点として熊野詣や西国巡礼の往来で賑わうなど、南紀の政治・経済・文化の中心として栄えてきました。

 是非、歴史ある田辺祭りにお越しください。

 詳しくは http://www.tanabe-kanko.jp/event/tanabematsuri/ まで