列島、広範囲で大気不安定

寒気伴い気圧の谷通過

©一般社団法人共同通信社

 気象庁は5日、寒気を伴った気圧の谷が通過する影響で、北日本から西日本にかけての広範囲で、大気の状態が不安定になるとして、大雨や落雷、突風に注意するよう呼び掛けた。急に黒い雲が見えたり、冷たい風が吹いたりして積乱雲が接近する兆しがある場合は、屋内の安全な場所に移動するよう求めた。

 気象庁によると、5日の日本列島は、北日本から東日本の上空約5500メートルを氷点下15度以下の寒気を伴った気圧の谷が通過する。

 6日午前6時までの24時間に東北、関東、甲信のいずれも多い場所で80ミリの雨量が予想されている。