宇垣美里“キャラづくり”失敗!? アニメ好きアピールも「ニワカ過ぎる!」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

宇垣美里 

(C)まいじつ 

元TBSアナウンサーの宇垣美里が自らの〝オタク遍歴〟を語り話題になっている。

宇垣は『Smart FLASH』(週刊「FLASH」Web版)の取材に対し、親が厳しかったため、子供のころはたくさんアニメを見ることができず、本格的にアニメにハマったのは大学生からだと告白。しかし、『セーラームーン』や『カードキャプターさくら』などは子供のころから親しんでいたようだ。また、

《漫画は割と雑食で、少年漫画系も結構、網羅しています。それこそ『NARUTO』は1巻からチェックしていましたし、『ワンピース』『銀魂』あたりも全部読んでました。ジャンプの漫画は大体、好きですよ。あと『黒執事』とかは、オタクは絶対通りますよね。絵がきれいだし、ほんとに〝お耽美〟……》

などと、そのコアなオタクぶりを披露した。

ネット上では、

《アニメ好きなのかぁ。かわいいな》
《アニメ本当に好きなんだな。何か親近感が湧いてきたわ》
《コスプレしてたもんね。セクシーなコスチューム姿も見てみたい》

など、ファンから驚きや期待の声が上がる一方で、

《嘘乙。キャラクター作りに必死だな》
《今さら中川翔子路線かよ。痛々しい》
《にわかそうだなぁ。無理にオタクに寄せなくていいよ》

など、なぜか厳しい意見も広がっている。

「宇垣はTBSアナ時代から〝アニメ好き〟を公言していました。しかし、ネット上では〝にわかオタク〟じゃないかと不審の目で見られているのです。というのも、4月27日に都内のフィギュアショップのオープニングイベントでガンダムのフィギュアを手に取り、『これはたまりませんね、すごーい! 自分の動かしたい形にできるんですね』と、ご満悦の姿を見せましたが、過去に〝Z(ゼータ)ガンダム〟のことを〝ゼットガンダム〟と言い間違えたことがあるのです」(女子アナウオッチャー)

 

無理に寄せると反発を食らう

また、宇垣アナは同Webの取材で、同志社大学に入学して初めてアニメ『エヴァンゲリヲン』を知ったことや、リアルロボット路線の先駆けとして、今なお大人気のアニメ『マクロス』も未見だったとバレている。

「宇垣のにわか知識は他にも多数。ラジオの高畑勲特集の回では、リスナーがドン引きするほど監督を持ち上げていましたが、高畑監督の代表作である『おもひでぽろぽろ』を言い間違え、周囲をアゼンとさせました。結局、ごく一般的なアニメ好き女子レベルなんですよ。無理に〝アニメオタク〟を標榜すると、かえってアンチからの攻撃対象になってしまう可能性もあります」(同・ウオッチャー)

オタクアイドルとして人気の中川翔子は先ごろ、GW映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』に関するツイートを連発し〝アベンジャーズ愛〟を語ったが、にわか知識が散見されたことから「さすがビジネスオタク!」と揶揄されている。

アニメオタクを自称するなら、かなりの知識やアニメ愛が求められる。今のままでは宇垣もしょこたんの二の舞になってしまいそうだ。