レンドン5打点の活躍 ストラスバーグが通算100勝目

©MLB Advanced Media, LP.

【ホワイトソックス5-9ナショナルズ】@ナショナルズ・パーク

ナショナルズは、先発のスティーブン・ストラスバーグが2回までに5点を失い、苦しい展開を強いられたが、3回裏に2点、4回裏に1点を返して2点差に迫り、5回裏に一挙6得点のビッグイニングを作って逆転に成功。このリードを4人のリリーバーが無失点リレーで守り抜き、9対5でホワイトソックスを破った。ストラスバーグは5回5失点という不本意なピッチングながら今季6勝目(3敗)をマークし、通算100勝に到達。9回表一死一・二塁の場面で登板してピンチを凌いだショーン・ドゥーリトルは今季13セーブ目をマークした。ホワイトソックスは先発のレイナルド・ロペスが5回途中6失点KOで今季6敗目(3勝)。打線も3回以降追加点を奪えなかった。

ホワイトソックスは、初回にジェームス・マッキャン、イロイ・ヒメネス、ヨルマー・サンチェスと3本のタイムリーで4点を先制し、2回表にはヨアン・モンカダに11号ソロが飛び出して5点リード。しかし、ナショナルズは3回裏にアンソニー・レンドンの2点タイムリー二塁打、4回裏にハウィー・ケンドリックの10号ソロで反撃し、2点差に詰め寄った。そして、5回裏には無死一・二塁のチャンスを迎え、レンドンの11号3ランで6対5と逆転に成功。さらに一死二塁からケンドリックのタイムリー二塁打とビクトル・ロブレスの9号ソロで点差を4点に広げ、勝利を引き寄せた。レンドンは2安打5打点の活躍でチームの勝利に大きく貢献。6回以降の4イニングを3安打無失点に封じたリリーフ陣の好投も見事だった。