KDDIとナビタイムジャパン、MaaS領域でタッグ アプリ開発や交通データ解析など

©株式会社自動車新聞社

KDDIとナビタイムジャパンは、6月5日、MaaS領域の取り組みを共同で推進していくことに合意したと発表した。

両社の保有する通信・交通ビックデータ、経路探索エンジン、IoT・AIを活用し、都市部の慢性的な交通混雑解消や過疎地域での生活路線の確保、訪日外国人の増加に伴うオーバーツーリズムなどの社会課題の解決を支援する。

具体的には、MaaSの実現に必要となる基本機能 (例: 検索・予約・配車・決済・アプリ開発) を共同で開発し、交通事業者や自治体によるMaaS領域の立ち上げを行うほか、両社のユーザー接点を最大活用したプロモーション支援、ビジネス開発拠点である「KDDI DIGITAL GATE」を活用し、5G時代を見据えたMaaSビジネスの持続的な収益化を目指す。また、交通混雑・渋滞やオーバーツーリズムなど社会課題の解決に向け、両社が保有する通信や交通ビッグデータの共同解析・効果検証による新たなビジネス開発、地域の課題や特性に応じた実証実験を行う。

KDDIは、約4,000万のユーザーから得られるビッグデータを活用した人口動態分析/予測、通信サービスの提供、ライフデザイン領域 (グルメ・ホテルなど)、KDDIグループ会社 (電子チケット・広告・データ解析など) との連携も進め、豊かな交通社会の実現を目指す。 ナビタイムジャパンは、鉄道やバス、タクシーのほか、オンデマンドモビリティにも対応できる経路探索エンジンを用いた予約・決済などを含むMaaS基本機能の開発とマルチモーダルナビゲーション技術の提供、および約5,100万人のユーザーから得られる交通・観光ビッグデータを活用したインバウンド動態分析や、交通コンサルティングを行う。