元カレ達をズタボロにした蒼井優が射止めた「貯金4億」の男 山里亮太の神経戦がこれから始まる――!

©TABLO

多くの男たちを完璧に敵に回した山里亮太(画像は蒼井優写真集 「ダンデライオン」より)

現在まで数々の芸能人男性と浮き名を流してきた“魔性の女”こと女優の蒼井優さんが、とうとう結婚して年貢を納めたとして話題になっています。

蒼井さんが選んだのは、切れ味鋭いトークと圧倒的なコミュニケーション力で大人気の中堅芸人・南海キャンディーズの山里亮太さん。山里さんは6月5日の『スッキリ!!』(日本テレビ系)に、“山里さんの親友”の天の声として出演。「お騒がせしているみたいですね、僕の親友が!」「スッパ抜かれた! 今日の12時くらいにお知らせして、夜に2人で会見する予定だった」と元気にトーク。経緯などを司会の加藤浩次さんから聞かれるも「その答えは会見なんじゃないかな!」とはぐらかすなど、ウキウキと幸せそうな様子を見せていました。

関連記事:男性遍歴のエグい蒼井優にとって山里亮太は理想の男だった!? 第二の明石家さんま&大竹しのぶになるか?

御存知の通り、蒼井優さんといえば多数の俳優と交際報道があったモテ女。高校時代には俳優の瑛太さんと交際していたという噂があり、その後はV6の岡田准一さん(2008年)、大森南朋さん(2010年)、鈴木浩介さん(2012年)、三浦春馬さん(2013年)、シンガーソングライターの石崎ひゅーいさん(2017年)と立て続けに熱愛スクープを撮られています。また鈴木さんと交際している時にも堤真一さんと居酒屋デートが報じられるなど、かなりの百戦錬磨ぶりがうかがえます。

加えて当時の報道では、岡田さんが蒼井さんと同棲するためにマンションをリフォームしたのに別れてしまったり、女優の藤谷美紀さんから略奪してまで付き合った鈴木さんが蒼井さんとの結婚のためにマンションを購入したにもかかわらず「好きな人ができました」のメール1本でフってしまうなど、良く言えば自由奔放、悪く言えばワガママで男を振り回すエピソードの持ち主です。

「大森さんや鈴木さんは、蒼井さんとの恋愛のあと、比較的すぐに結婚して落ち着かれています。業界では、結婚をすぐに決意せざるを得ないくらい、蒼井さんに逃げられたトラウマが深いのだろうと同情的な声が上がっていました」(テレビ局勤務)

また蒼井さんは透明感のあるかわいらしいルックスとは真逆の、サバサバした性格の持ち主であることも知られています。かつて、2016年11月30日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演した際は、夜の9時から昼の2時半まで延々飲み続けることができる酒豪であることや、彼氏との喧嘩で嘘泣きを企てたことがあること、恋人の元カノの電話番号は消去するよう命じるなど赤裸々な恋バナを展開し、話題になった過去が。

さらに2019年3月8日には『FRIDAY DIGITAL』にて愛車のポルシェ・カレラに乗りながらくわえタバコをする姿が紹介されるなど、モテキャラというよりは男前で自由なキャラクターのようです。

「歴代の彼氏は、そんな蒼井さんのギャップにコロッとやられてしまうそうですね。酒好きで喫煙者ではありますが、料理上手で運転も上手い。加えて演技の才能もあるとなったら、そこらの女優では太刀打ちできない魅力があるので、ハマったらなかなか手放せないのも頷けます」(映画会社関係者)

参考記事:「アナと雪の女王」を歌うM、路上喫煙を注意されてブチ切れか

ネットでは蒼井さんの今までの恋愛遍歴から、山里さんの今後を心配する声が続出。「山ちゃんが蒼井優に『飽きた』とか言ってポイッと捨てられないかだけが心配」「この先山ちゃんが痩せていくに8000点」「蒼井優さんは事務所に無断でロングヘアをバッサリ切ってショートカットにしちゃう人だから、山ちゃんがバッサリ切られることが心配なんだよ」「結局一番株を上げたのは蒼井優だし、まったく女は怖い生き物だよ」「ちょっと心配なのよ…仲良し男子が違うクラスのモテモテ女子と付き合ったときの気分」といった声が上がっていました。

「山里さんは長らく独身を貫いてきたこともあり、テレビ番組にて『女優とでも結婚しねえとやってらんねえ』と公言してましたからね。蒼井さんに熱心に言い寄られて舞い上がってしまったのでは。山里さんは世間的には非モテキャラですが、実は身長178cm、推定年収5000万円、貯金が4億円と言われている好条件の持ち主。加えて、世間ではイケメンを選ばず山里さんを選んだ女として蒼井さんの株が爆上がり中です。色んな意味で、蒼井さんはやはりしたたかな女性だなと思ってしまいますね」(芸能事務所勤務)

世間では「蒼井さんをゲットできた山里さん」と盛り上がっていますが、もしかしたら「蒼井さんが山里さんを手中に収めた」の表現のほうが正しかったりして…!?(文◎小池ロンポワン)