県内25海水浴場、水質「不適」なし うち19カ所がAA

©株式会社神奈川新聞社

鎌倉の由比ガ浜海水浴場(2015年7月撮影)

 県は5日、県内25海水浴場で実施した今年1回目の水質検査の結果を発表した。環境省の定める水質判定基準で「適」が19カ所、「可」は6カ所で、「不適」はなかった。

 検査は5月7~13日のうち2日間で実施。「適」と判定された19カ所全てで水質が最良の「AA」だった。昨年は「AA」が6カ所だったが、猿島(横須賀市)や三浦海岸、横堀(三浦市)、材木座、由比ガ浜、腰越(鎌倉市)など15カ所で判定が向上した。

 県内の海開きは6月27日の三浦海岸、大浦、和田(三浦市)を皮切りに、7月中旬まで順次行われる。