西武外崎、“大瀬良撃ち”10号同点ソロ 自己最速2桁に「アップルパンチ!」

©株式会社Creative2

10号ホームランを放った西武・外崎修汰【写真:荒川祐史】

1点を追う4回の第2打席で左中間へ10号同点ソロ

■西武 – 広島(交流戦・5日・メットライフ)

 西武の外崎修汰内野手が5日の広島戦(メットライフ)で4回の第2打席で10号同点ソロを放った。

 自慢のパンチ力を見せつけた。1点を追う4回、この回の先頭で打席に入った外崎は、1ボール1ストライクから広島先発・大瀬良の外角低め直球をすくい上げ、左中間スタンドに放り込む同点ソロを放った。

 18本塁打を記録した昨年も、10号を放ったのは交流戦が終了してから。自己最速となる2桁到達に外崎は「しっかりとらえることができました。アップルパンチ!」とお決まりのセリフで喜んだ。(安藤かなみ / Kanami Ando)