あす記念運行 明治の木造車両168号 長崎電気軌道

©株式会社長崎新聞社

記念運行する168号電車(長崎電気軌道提供)

 「路面電車の日」を前に、長崎電気軌道(長崎市)は7日、明治時代製造の木造車両を記念運行する。雨天中止。

 ファンや事業者らが1995年、広島に集まり、路面の「ろ」から「6」、電車の「でん」から「てん」に転じて「10」の語呂合わせで6月10日を「路面電車の日」に制定した。

 当日使用するのは11(明治44)年に造られた168号電車で、今年“108歳”になる。車掌も乗り、昔ながらの両替袋を使う。浦上車庫を午前10時と午後2時55分に出発し、蛍茶屋で折り返す。長崎スマートカードは利用できない。乗車可能区間などの詳細は同社ホームページに記載している。