無形文化遺産展が長沙市で開催 湖南省独特の地方文化を展示

©新華社

無形文化遺産展が長沙市で開催 湖南省独特の地方文化を展示

3日、湖南省長沙市雨花区無形文化遺産館外の特別ステージで、「柔術」を披露する演技者。柔術は、中国湖南省の雑技芸術の中でも悠久の歴史を持つ。その表現は、驚き、危険、奇怪、美しさ、しなやかさを強調し、肢体の活動範囲は人体の関節の可動範囲を超えているように見えるほどで、「極限を超えた人体芸術」と呼ばれている。(長沙=新華社記者/柳王敏)

 【新華社長沙6月6日】中国の「文化と自然遺産の日」(毎年6月の第2土曜日、今年は6月8日)を前に湖南省は3日、長沙市で無形文化遺産のPR・展覧イベントをスタートさせた。メイン会場の湖南省文化館、長沙市雨花区無形文化館は、静態展示と動態展示をそれぞれ行い、伝統工芸実物展、湖南省記憶映像展、特別講座、無形文化グルメ体験などを通じて、無形文化遺産の保護に対する人々の意識をより一層高め、湖南省の優れた伝統文化を伝承し、広めていく。

 湖南省には悠久の歴史や深い文化の蓄積がある。近年、湖南省は「人、モノ、生活を見る」(無形文化遺産は人々が参画する暮らしそのものである)という理念を掲げ、省全体の14の市(州)に無形文化遺産保護センターを設立し、きらびやかで多彩な、魅力に満ちた「無形文化遺産」のマップを形成した。国、省、市(州)、県の4レベルの無形文化遺産保護の登録リストシステムを段階的に確立し整備、現在は国指定の無形文化遺産プロジェクト118と伝承者121人を有している。

無形文化遺産展が長沙市で開催 湖南省独特の地方文化を展示

3日、湖南省長沙市雨花区無形文化遺産館外の特別ステージで、梅山武術を披露する出演者。梅山武術は、同省新化県に伝わる伝統武術の流派で、2014年、第4期の国指定無形文化遺産に登録された。(長沙=新華社記者/柳王敏)

 メディアの助けをさらに借りて無形文化遺産を承継するため、湖南省文化・観光庁は同日、北京微播視界科技と戦略的提携協定を締結した。同社傘下の著名ショート動画インターネットプラットフォームの関連チームによる「無形文化遺産パートナー」計画を十分に活用し、無形文化遺産プラットフォームの構築などの方法で、湖南省の無形文化遺産の保護と承継を全面的に支援する。

 湖南省文化・観光庁の無形文化遺産部の責任者は、無形文化遺産は、千年単位の人々の生活の沈殿物で、特定の成長土壌があると指摘。無形文化遺産を保護および継承するために、有名なショート動画ネットプラットフォームと協力し、今日の若者が求める新しい流行の方法を生かし、文化・観光部門、伝承者、無形文化遺産部門などのスタッフの訓練を強化することで、無形文化遺産の活力を奮い起こし、湖南文化の風貌を示し、社会的および経済的発展を助けることができるとの考えを示した。(記者/柳王敏)

無形文化遺産展が長沙市で開催 湖南省独特の地方文化を展示

3日、湖南省長沙市雨花区無形文化遺産館外の特別ステージで、「柔術」を披露する演技者。柔術は、中国湖南省の雑技芸術の中でも悠久の歴史を持つ。その表現は、驚き、危険、奇怪、美しさ、しなやかさを強調し、肢体の活動範囲は人体の関節の可動範囲を超えているように見えるほどで、「極限を超えた人体芸術」と呼ばれている。(長沙=新華社記者/柳王敏)

無形文化遺産展が長沙市で開催 湖南省独特の地方文化を展示

3日、湖南省長沙市雨花区無形文化遺産館外の特別ステージで、「花瑤嗚哇山歌」を披露する出演者。「花瑤嗚哇山歌」は湖南省邵陽市隆回県に伝わるもので、2008年に第2期の国指定無形文化遺産に登録された。少数民族の花瑤の人々が田畑や山畑で働く時に自分たちで楽しみ、自分の感情を表す歌で、地元の人々に親しまれている娯楽活動。(長沙=新華社記者/柳王敏)

無形文化遺産展が長沙市で開催 湖南省独特の地方文化を展示

3日、湖南省長沙市雨花区無形文化遺産館外の特別ステージで、「花瑤嗚哇山歌」を披露する出演者。「花瑤嗚哇山歌」は湖南省邵陽市隆回県に伝わるもので、2008年に第2期の国指定無形文化遺産に登録された。少数民族の花瑤の人々が田畑や山畑で働く時に自分たちで楽しみ、自分の感情を表す歌で、地元の人々に親しまれている娯楽活動。(長沙=新華社記者/柳王敏)

無形文化遺産展が長沙市で開催 湖南省独特の地方文化を展示

3日、湖南省長沙市雨花区無形文化遺産館外の特別ステージで、「花瑤嗚哇山歌」を披露する出演者。「花瑤嗚哇山歌」は湖南省邵陽市隆回県に伝わるもので、2008年に第2期の国指定無形文化遺産に登録された。少数民族の花瑤の人々が田畑や山畑で働く時に自分たちで楽しみ、自分の感情を表す歌で、地元の人々に親しまれている娯楽活動。(長沙=新華社記者/柳王敏)

無形文化遺産展が長沙市で開催 湖南省独特の地方文化を展示

3日、湖南省長沙市雨花区無形文化遺産館外の特別ステージで、「柔術」を披露する演技者。柔術は、中国湖南省の雑技芸術の中でも悠久の歴史を持つ。その表現は、驚き、危険、奇怪、美しさ、しなやかさを強調し、肢体の活動範囲は人体の関節の可動範囲を超えているように見えるほどで、「極限を超えた人体芸術」と呼ばれている。(長沙=新華社記者/柳王敏)