大リーグ、大谷2試合連続本塁打

ダル、前田は勝敗付かず

©一般社団法人共同通信社

ダイヤモンドバックス戦に先発し、5回を2安打1失点だったドジャース・前田=フェニックス(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは5日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアナハイムでのアスレチックス戦に「3番・指名打者」でフル出場し、2試合連続の5号本塁打をマークして4打数2安打4打点、2得点で1四球2三振だった。4打点はメジャー自己最多。チームは10―9でサヨナラ勝ち。

 カブスのダルビッシュはロッキーズ戦に先発し、5回1/3を3安打3失点(自責点2)、5三振3四球で勝敗が付かず、2勝3敗のままだった。チームは9―8で3連勝。

 ドジャースの前田はダイヤモンドバックス戦の先発で5回を2安打1失点、7三振1四球で勝敗が付かなかった。今季は7勝2敗。

ロッキーズ戦の6回途中、マドン監督(右)にボールを手渡し降板するカブスのダルビッシュ=シカゴ(共同)
アスレチックス戦の4回、中越えに5号逆転3ランを放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)