デンマーク、野党が過半数の勢い

総選挙、政権交代の公算大

©一般社団法人共同通信社

デンマークの首都コペンハーゲンで演説する社会民主党のフレデリクセン党首=6日(ロイター=共同)

 【コペンハーゲン共同】デンマーク国会(一院制、定数179)の総選挙は5日投開票された。国営テレビによると、野党の社会民主党が第1党を維持、社民党を含む中道左派陣営が過半数を獲得して勝利した。約4年ぶりに政権が交代し、同党のフレデリクセン党首(41)が首相に就く公算が大きくなった。

 AP通信によると、中道右派陣営を率いる自由党党首のラスムセン首相(55)は敗北を認めて退陣を表明。フレデリクセン氏が中道左派陣営の協力を得て政権に就いた場合、同国史上最も若く、女性としては2人目の首相となる。