凛として時雨、新曲「Neighbormind」が映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」日本語吹替版主題歌として再タッグ! 映画SPOT映像も公開! さらに、ダブルAサイドシングルの詳細も明らかに!

©有限会社ルーフトップ

7月3日に「舞台PSYCHO-PASSサイコパスVirtue and Vice」主題歌となる「laser beamer」と合わせて、ダブルAサイドシングルをリリースすることを発表していた凛として時雨。リード曲となる楽曲のタイトルや詳細などが明らかとなっていなかったが、遂に本日その情報が公開となった。

新曲のタイトルは「Neighbormind」(ネイバーマインド)。この楽曲が、6月28日に日本で世界最速公開となるスパイダーマン最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の日本語吹替版主題歌となることも決定。

第91回アカデミー賞で長編アニメーション部門を受賞したことでも話題となった『スパイダーマン:スパイダーバース』で、TKのソロプロジェクトである”TK from 凛として時雨”が日本語吹替版主題歌を提供し、スパイダーマンと初タッグを組んだことも記憶に新しい中、再び”スパイダーマン”への書き下ろし主題歌でタッグを組むこととなる。同時に、この新曲が使用された映画のスポットも早くも本日公開となっているので、そちらもチェックを。今回の作品へのタイアップに関して、TK(Vocal/Guitar)からのコメントも公開となっている。

凛として時雨は、5月15日の川崎CLUB CITTA’の追加公演を皮切りに、2019年初となるワンマンライブ”Tour 2019 Golden Fake Thinking”を開催中。また、この新曲「Neighbormind」はCDパッケージに先駆けて6月28日よりダウンロードのみで先行配信も予定されている。

凛として時雨コメント

『スパイダーマン:スパイダーバース』に続いてオファーを頂いた時には本当に光栄でしたし、それ以上に驚きました。前回のソロプロジェクトからバンドへどういった形でバトンを受け渡し、再構築するのか、色んなイメージの中から糸を手繰り寄せる様に繋ぎ合わせていきました。いつも予想を超えたストーリーを魅せてくれるスパイダーマン、寄り添うだけじゃなく遥か遠くまで飛び出したその先で交われる様な音楽を目指しました。今回も作品の中で会えるその瞬間を楽しみにしています!

P.S. 『Far From Home』というタイトルにあやかってロンドンでミックスして貰いました。

TK (凛として時雨)