競泳の萩野、休養から練習再開

東京五輪金メダルに意欲

©一般社団法人共同通信社

東京都内で取材に応じ、笑顔を見せる萩野公介=6日午後

 不振のため3月から休養していた2016年リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(ブリヂストン)が6日、東京都内で取材に応じ、5月から徐々に練習を再開していると明らかにした。8月か9月にレースに復帰予定で、来年の東京五輪へ「目標はずっとぶれずに、複数種目の金メダル」と意欲を示した。

 萩野は休養した経緯について、2月の大会で低調に終わり「練習を一生懸命頑張ってきたつもりだったが、うまく泳げなかった。(競泳が)つらいなと思うようになった」と説明。精神面でも焦りを感じ「自分で自分を追い詰めていた」と振り返った。