みんなに寄り添って支えられる音楽を届けたい…札幌在住の4人組バンド・The Floor

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVEがプッシュしている楽曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。6月5日(水)のオンエアでは、The Floorの『緑風』をピックアップしました。

■みんなの持ってる力を僕らの音楽で底上げしたい

The Floorは、2012年に結成した北海道札幌市在住の4人組バンド。初の全国流通版を2016年にリリース。その作品がタワレコメンに選出されたり、その年のRISING SUN ROCK FESTIVAL in EZOに出演するなど話題となり、昨年2月にアルバム『ターミナル』でメジャーデビューしました。その後もシングルやミニアルバムリリースと精力的に活動を続けてきました。6月開催のワンマンツアー「Eccentric!! Tour」をもって、ギタリストの永田涼司さんが脱退することが発表されています。

そんなThe Floorが先月リリースした『緑風』が、6月の「J-WAVE SONAR TRAX」に選出。番組では、メンバーのササキハヤトさん、永田さん、ミヤシタヨウジさん、コウタロウさんの4人全員からコメントをいただきました。

The Floorの曲は、聴いていると「じっとしていられない、立ち止まっていられない」という気持ちになるものばかり。メンバーの皆さんは、どのように音楽と向き合っているのでしょうか。

ササキ:聴いてくれている皆さんが、もともと持っている力みたいなものって必ずあると思うんです。それを僕らの音楽で底上げできるような、寄り添って支えられるような、力を倍増させる剣みたいな音楽を、と思っています。支えになりたい、そんな想いをもって音楽をやっています。

■『緑風』に込めた想いとは……

今回「J-WAVE SONAR TRAX」になっている『緑風』は、どんな曲になっているのでしょうか。

ササキ:じっとしていられない、立ち止まっていられないというのは、まさにこの『緑風』に込めた想いそのままです。自分の中で、色んな想いが交差してワケがわからなくなるときがあると思う。もっともっとうまいことやりたいのに、人間ってうまくいかないときもある。でも、立ち止まったらそこで終わってしまう。だから立ち止まってはいけない、でも進めないのもわかる。だから、バカみたいでもいいから踊ってやろうぜっていう、そんな曲になっています。

また、「自分が“音楽をやりたい”という気持ちから書いた曲」であるとも続けます。

ササキ:もっともっと進めるかどうかもわからない。進みたい気持ちもあるけれど、うまくいかないときも多い。でも、立ち止まらずに誰よりもバカみたいに、俺は音楽にバカになりたいなっていう、そんながむしゃらな気持ちを込めました。僕の想いが、聴いてくれてる人の気持ちに寄り添えたらいいなと思って書きました。

あっこゴリラは、「何かに夢中になっている人って魅力的ですもんね。言ってることすごくよくわかります」とコメント。さらに、サウンド面での聴きどころも教えていただきました。

ミヤシタ:やっぱりシンセベースですね。結構動く系のシンセベースです。
ササキ:ちなみにどこでシンセベースがグイッときてるの?
ミヤシタ:イントロ、サビ……Aメロ以外ですね。新しい試みで、今までシンセを使ったことはあるけど、こうゆうアプローチはしたことなかったんで。
永田:そうだよね。ミディアムな感じのテンポには使ってたけど、こうゆう曲に使うのは初めてだよね。
ミヤシタ:かなりおもしろい感じになったんじゃないかなと。
コウタロウ:生のシンセを鳴らして録音して。疾走感がさらに増したよね。
永田:他には、ギターロックぽいだけでなくて、うしろにふわっとアンビエントっぽいシンセとかがレイアーしてあるんです。ギターだけのドライな音だけじゃなく、ふわっとウェットな雰囲気や切ない部分がサウンド面にあります。それをエッセンスとして入れたかったので、そこを聴いてもらえるとすごく嬉しいです。
ササキ:全体的な聴きどころでいえば、ベースでいうとライブ感・疾走感みたいなものと、重ねた切なさみたいなものが全体的漂っている。かつサビになったらめっちゃ踊れる。全部が聴きどころです。わかりやすく言うと、サビの“ダンスダンスダンス”、これはやっぱりみんなで歌いたいし、ダンスしてほしいです。俺らも歌いたいし、ライブで一番映えたい。ライブで一緒に楽しみたい一曲になっていると思います。

番組では、The Floorの『緑風』をオンエアしました。

最後に、今週末からスタートする「Eccentric!! Tour」への意気込みも訊きました。

ササキ:昂ぶりすぎて武者震いしてるよ。
コウタロウ:今までの僕らの中で、一番デカイ音を出そうかなと思います。
ササキ:会場も、今までワンマンでやってきた中で一番大きい会場4ヵ所でやらせていただくわけだし、素晴らしい景色を見たいし、もちろん全力で見せたいなと思います。今までと違う部分も見せたいし、それでいて「やっぱThe Floorだな。最高だな。間違いないわ。これからもついていこう。新しくて最高、いままでと同じところも最高」みたいなハイブリットな感じでいきたい。最新型のThe Floorを見せつけたいなと思っています。

The Floorの「Eccentric!! Tour」の東京公演は6月7日(金)、場所は恵比寿リキッドルームで行われます。ぜひ足を運んでみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

【関連タグ】
SONAR MUSIC   SONAR TRAX   The Floor   あっこゴリラ   音楽   邦楽