名古屋・錦で3台多重衝突

87歳弁護士が運転ミスか

©一般社団法人共同通信社

衝突事故で中央分離帯に乗り上げた乗用車。奥は横転したワゴン車=6日午後4時8分、名古屋市中区

 6日午後3時ごろ、名古屋市中区錦3丁目の繁華街の市道で、乗用車と衝突したワゴン車が客待ち中のタクシーにぶつかった。乗用車を運転していた同市天白区の男性弁護士(87)の運転ミスが原因とみられ、後部座席にいた弁護士の妻(83)が脚を打つなどして病院に搬送されたが軽傷という。他にけが人はいなかった。

 愛知県警中署によると、市道に面したホテルの地下駐車場から坂道を上って出た乗用車が、右から来たワゴン車と衝突した。男性は「アクセルを踏み過ぎた」と話している。乗用車は中央分離帯に乗り上げ、街路樹にぶつかり停止。ワゴン車は横転した。同署が男性らから事情を聴いている。