任意聴取中に2人救急搬送

滋賀県警、公選法違反事件

©一般社団法人共同通信社

 4月7日投開票の滋賀県議選での公選法違反容疑で県警の任意聴取を受けていた立候補者の60代の男性と、60代の妹が救急搬送されていたことが6日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、男性は4月8日午後5時ごろ、任意同行され、大津署で事情聴取を受けた。休憩がないまま聴取が続き、何度も「水を飲ませてほしい」と要求したが取調官は応じず、午後11時半ごろ取調室で倒れて嘔吐し、救急搬送された。

 男性は、投開票日の翌日だったため2時間ほどしか寝ておらず、昼食と夕食も取っていなかった。心臓疾患もあったという。妹も11日午後7時ごろに体調不良を訴え、救急搬送された。