ロッテ、延長戦ものにできず開幕カード負け越し 井口監督「走塁も、守備でもミス」

©株式会社Creative2

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

負傷交代のレアードは軽傷「明日は大丈夫だと思う」

■阪神 4-3 ロッテ(交流戦・6日・ZOZOマリン)

 ロッテは6日、本拠地ZOZOマリンスタジアムでの阪神戦を延長10回、3-4で敗れた。

 1点を追う土壇場の9回。阪神の守護神ドリスに対し、2死二塁のチャンスを作ると清田が右前タイムリーを放ち試合を振り出しに戻した。

 だが、延長10回。守護神・益田が1死から連打で一、二塁のピンチを招くと糸井に勝ち越しとなる右前タイムリーを浴び、これが決勝点となった。

 接戦をものにできなかった井口監督は「良い形で追いついたが、そこまで取れるところで取れなかった」と、3回無死2塁の好機や、前夜2死球を受けた井上の死球で一触即発となった7回2死満塁で、無得点に終わったことを悔やむとともに、「走塁も、守備でもミスが出ていたので、そういうところをなくしていかないと、こういう接戦では勝てない」と、8回2死二塁での牽制死や、失策について厳しい表情で語った。

 また、5回の打席で左足に自打球を当て、7回の守備からベンチに下がったレアードは、病院にはいかず「明日は大丈夫だと思う」と、7日の巨人戦でもスタメン起用を示唆。レアード本人も試合後、自らの足で帰途についていた。

 交流戦開幕カードを1勝2敗。負け越しスタートとなったロッテ。「また明日から切り替えてやっていく」と、指揮官は悔しさを噛み締めながら球場を後にした。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)