【フィリピン】モスが合弁契約、今年に1号店[サービス]

©株式会社NNA

モスフードサービスは、フィリピンのトーキョーコーヒーHDと合弁で「モスバーガー」を展開する(モスフードサービス提供)

ハンバーガーチェーン大手の「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは6日、フィリピンの小麦粉製粉会社ゼネラル・ミリングのグループ企業と合弁契約を交わしたと発表した。2019年度中にモスバーガーのフィリピン1号店を出店し、27年度までに50店舗体制とする。

モスフードサービスとゼネラル・ミリングのグループ会社で外食ビジネスを担うトーキョーコーヒー・ホールディングス(HD)が、合弁会社モスバーガー・フィリピンを設立する。出資比率は、モスが35%、トーキョーコーヒーHDが65%。モスの海外新規展開は、12年の韓国以来、7年ぶり。海外事業は9カ国・地域目となる。

今年度中にマニラ首都圏に1号店をオープンし、フィリピン全国への展開を狙う。モスフードサービスは、UCC上島珈琲のコーヒーショップを現地でフランチャイズ展開するトーキョーコーヒーHDが、教育、生産、物流の外食インフラを自社で持ち、日本人の食へのこだわりが分かり、安定した事業基盤を保有することなどが、パートナーとして選んだ決め手となったとしている。