若手俳優の野村周平が突然のNY留学 大麻逮捕の田口との関係は? 芸能人が渡米する理由とは

©TABLO

画像は野村周平 ファースト写真集 『side』より

2010年のデビュー以来、確固たるキャリアの軸を築いてきた若手俳優の野村周平。人の目や世間のしきたりなどに振り回されず、自分が感じるままに生きている、そんな自由でやんちゃなイメージもどこか漂わせています。

激戦区とされる20代の若手俳優陣の中では、群を抜いた才能と活躍を見せる彼。言わずもがな、人気は十分ある上、仕事は黙っていても次々と舞い込んでくるはず。それなのに、「役者としての感性をもっと磨きたい」という思いから、米・ニューヨークへの留学を決意しました。渡米期間は未定で、気の済むまであちらに滞在するというから重ね重ね驚きます。

関連記事:俳優・野村周平 撮影してきたファンに逆ギレ「盗撮だろ!」 だが歩きタバコに非難殺到!

「アメリカ大使館でビザを取得したそうなので、たまに一時帰国はするにせよ少なくとも1年は日本を離れるのではないでしょうか」と話すのは、野村の所属事務所アミューズの内情に詳しい業界関係者。

「彼らしい決断ですよね。昔でいう石原裕次郎のような豪快さもあるし、事務所も個性を潰したくないという理由で、彼のプライベートには一切口は出してません。インスタやツイッターにも裸になったりタバコを吸ったりなどの画像をあげたりやりたい放題ですが、お咎めは一切ありません。留学に関しても、急な申し出だったそうです。昨年末あたりから、現在の仕事を見直して英語を学びたいと繰り返し話していたようですが、渡米することが正式に決まったのは4月下旬。ここ数年、海外に留学する芸能人は増加傾向にありますけど、とはいえ、野村くんは若手を代表する売れっ子俳優。このタイミングでの離脱は事務所にとってはかなりの痛手かと」(業界関係者)

関連記事:サッカー日本代表、決勝トーナメント出場でブーイングをして叩かれた芸能人たち

芸能人にとっての海外留学は名ばかりで、気持ちの整理や充実を兼ねた長期休暇ではないでしょうか。人目をはばからずデートもできるし、自由に街を歩きまわりショッピングも楽しめる。

現在、イギリス留学中のウエンツ瑛士は、大島優子がアメリカへ留学している最中に彼女の元を訪れ、密会を重ねていました。結局、写真を撮られて一時期交際していたことがバレてしまいましたが、それでも2人にとっては日本では実現不可能なデートを満喫できたはず。

「相武紗季はTOKIOの長瀬智也と別れた直後に渡米、つまり傷心を癒すための留学でしたよね。大所帯のダンスグループのボーカルAは、精神不安定かつ根強い薬物疑惑があり、クスリを抜くために日本を離れたという噂があった。ほか、顔のお直しや中絶するために短期留学という名目で逃亡する者もいると聞いたことがあります。英語を学ぶ事は当然プラスになるんでしょうけど、留学で得た知識をその後、芸能活動に活かせている人は皮肉なことにほとんどいませんよね(笑)」(テレビ局勤務)

野村周平の場合は、どんな理由があって渡米するに至ったのか気になるところ。タイミング的には最悪でしたが、元KAT-TUNの田口淳之介が大麻で捕まりました。2人は事あるごとに飲み歩く仲で、親友だったと言います。

関連記事:KAT−TUNメンバーから虐められていた田口淳之介 今は優しかったファンからも「何回裏切るの!」と怒りの声

「田口容疑者との親交から海外逃避か? と言われてますけど、留学話は田口が捕まる前から決まっていたので、逃げたわけではないと思いますよ。ただ、野村くんはかなりの夜遊び好きで、評判の悪い連中ともつるんでます。若手人気俳優とは思えない、素行の悪さが一部で問題視されているのも事実ですね」(前同)

「彼は母親が中国人のハーフということもあって中国語はペラペラ。本人は英語もしっかり取得して芝居の幅を今よりも広げたいんだそうです。日本語含めて3ヶ国語話せれば、ハリウッド映画や日中合作のドラマや映画などにも出演できますし、将来を見据えた投資的留学なのかもしれません。でも、少し心を入れ替えた方がいいかな。彼がニューヨークで真面目に勉強するとは到底思えないし、派手な生活は目に見えてます」(前出・同)

たしかにやんちゃを通り越した素行の悪さも目につきます。度々炎上騒動も起こしています。これまでの悪しきイメージを払拭するためしばらく渡米する、という線もありえるかもしれません。(取材・文◎那目鯛子)