合言葉は“B Happy!” 新型Bクラスでハッピーになろう!|メルセデス・ベンツ 新型Bクラス発表

©オートックワン株式会社

メルセデス・ベンツ 新型Bクラス

Bクラス 7年ぶりのモデルチェンジ! 上品かつスポーティなモデルに

メルセデス・ベンツ日本は2019年6月6日、マルチパーパスコンパクトの新型Bクラスを発表した。Aクラスでも話題となった対話型インフォテインメントシステム「MBUX」や、Sクラスと同等の安全運転支援システムを採用するなど、安全安心で使い勝手のいいコンパクトサイズのハッチバックに生まれ変わった。納車は、ガソリンモデルであるB180が2019年7月頃から、クリーンディーゼル搭載のB200dは2019年10月頃からをそれぞれ予定している。

メルセデス・ベンツ 新型Bクラス
メルセデス・ベンツ 新型Bクラス

7年ぶりのモデルチェンジとなった3世代目の新型Bクラスは、先代モデルの広い室内空間と優れたユーティリティをさらに進化させ、スポーティかつラグジュアリーなエクステリアデザインと、高い質感と若々しいインテリアデザインを採用。

エクステリアでは、薄型のヘッドライトやテールレンズ、たくましいショルダーラインなど、スポーティさを強調。ワイド&ローなスタイリングは、Cd値にも表れており、クラストップレベルの0.24を実現している。

MBUXよるクルマとユーザーの結びつき

MBUXは、「Hi Mercedes!」で始まる対話型のインターフェイスで、人工知能を使った学習機能を備えており、自然な言語の認識が可能。例えば、室内が暑く感じたときには「暑い」と言えばエアコンの設定温度を下げるなど、具体的な指示でなくても内容を理解し、動作に反映させることができる。また学習能力も備えており、ユーザーの定期的なスケジューリングに合わせて電話を入れることを促したり、決まった時間に決まったラジオ番組を聞くユーザーには、自動的にチャンネルを提案したりする。

またスマートフォンに向けて、Qi対応のワイヤレスチャージング機能も前席に全車標準装備された。

エンジンはガソリンとディーゼルの2種類

メルセデス・ベンツ 新型Bクラス

B180には、最高出力136PS(100kW)、最大トルク200N・mを発揮する1.4リッターエンジンを搭載(先代モデルから14PS向上)。このエンジンには、斜めに寝かせた状態のデルタ型シリンダーヘッドが採用されており、軽量化や省スペース化に貢献。

組み合わされるのは、定評のある7速デュアルクラッチトランスミッション7G-DCTとなる。

B200dには、OM654q型の2.0リッター直列4気筒クリーンディーゼルターボを搭載。最大出力は150PS(110kW)、最大トルクは320N・mを発揮。NANOSLIDE摩擦低減加工されたシリンダーウォールや可変ジオメトリータービンの採用、さらには高圧EGRと低圧EGRを組み合わせた「マルチウェイ排出ガス再循環(EGR)」を搭載することで、高出力ながらクリーンなエンジンを実現している。

組み合わされるのは、新開発の8速デュアルクラッチミッション8G-DCTで、環境性能と運動性能を両立させている。

BEAMSとのコラボTシャツやLINEスタンプも発表

メルセデス・ベンツ 新型Bクラス
メルセデス・ベンツ 新型Bクラス アパレルブランド「BEAMS」とのコラボレーションTシャツ
メルセデス・ベンツ 新型Bクラス

今回の発表では、BEAMSとのコラボレーションにより、Mercedes-Benz × BEAMSの限定アパレルもお披露目された。キャッチコピーである「B Happy!」とスリーポインテッドスターをポイントに加えた、ストリート感のあるTシャツで、メルセデス ミー 東京、メルセデス ミー 大阪メルセデス ミー 東京羽田、メルセデス ミー 銀座 ザ リミテッド ストアほか、全国のメルセデス・ベンツ正規代理店及びにビームス六本木 ヒルズにて販売する。

またBEAMS監修によるLINEスタンプも発表。こちらは人気イラストレーターである長場 雄さんデザインによるもので、メルセデス・ベンツ日本公式LINEアカウントを友達に追加。さらにLINE経由でMercedes meに会員登録すればGETできる。

さらに発表会の会場となったSHARE GREEN MINAMI AOYAMAでは、BEAMSによるインスタレーションが行われ、「MOUNTAIN」「SEA」「KIDS LIBRARY」「WORK」という4つのテーマのもとに、Bクラスとのカーライフを演出していた。

[筆者・撮影:MOTA編集部]