「極めて深刻な事態」 高校生の大麻で緊急校長会 75人が参加

©株式会社沖縄タイムス社

平敷昭人県教育長の訓示を聞く県立学校の校長ら=7日、那覇市・青年会館

 大麻取締法違反容疑で高校生らが逮捕された事件を受け、沖縄県立学校緊急校長研修会が7日午前、那覇市の青年会館で開かれた。平敷昭人県教育長は訓示で「極めて深刻な事態」と強い危機感を示し、各学校での薬物乱用防止の徹底を呼び掛けた。県立高校・特別支援学校の校長ら75人が参加した。

 平敷教育長は「これまでの薬物防止の指導が、児童生徒を取り巻く社会状況に応じたものだったか再点検し、再発防止に取り組まなければならない」と強調。県立学校教育課の玉城学課長は「自分の学校の生徒だと思って対策をしてほしい」と述べた。

 校長会では県保健医療部衛生薬務課や県警察本部生活安全部少年課が薬物乱用の実態や防止教育の取り組みを説明。参加した本島北部の校長は「これまでの取り組みを見直し、できることを教職員一同で検討していきたい」と話した。