【MLB】大谷翔平、177キロ弾丸右前打で3戦連続ヒット エ軍は同地区対決で負け越し3位に1.5差

©株式会社Creative2

第2打席で右前打を放ち3試合連続安打をマークしたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

3位アスレチックスとの直接対決で負け越しゲーム差は1.5に広がる

■アスレチックス 7-4 エンゼルス(日本時間7日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・DH」で3試合連続スタメン出場。4打数1安打で3試合連続安打をマークしたがチームは4-7で敗戦。3位アスレチックスとのゲーム差は1.5に広がった。

 大谷は初回の第1打席は三飛に倒れたが、4回の第2打席は打球速度110マイル(約177キロ)を記録する右前打を放ち3試合連続安打をマーク。その後、1死満塁からグッドウィンの中犠飛で生還した。

 5回の第3打席は投ゴロ、7回2死一、二塁のチャンスで迎えた第4打席は一ゴロに倒れた。この日は4打数1安打で3試合連続安打となった。大谷はこれで打率.250、5本塁打、20打点。チームは3-7で敗れ3位のアスレチックスとのゲーム差は1.5に広がった。(Full-Count編集部)