フジテレビ「差別意図なかった」

松本人志さんの「不良品」発言

©一般社団法人共同通信社

イベントに登場した松本人志さん=2018年9月

 2日放送のフジテレビの番組で、お笑いタレント松本人志さんが、川崎市で児童らが殺傷された事件で自殺した容疑者を「不良品」などと発言し、ネット上で批判を浴びた問題があり、同局の石原隆取締役は7日の定例会見で「差別的な意図はなかった」と述べた。

 問題となったのは、情報バラエティー番組「ワイドナショー」。松本さんは「人間が生まれてくる中で、不良品って何万個に1個、しょうがない。減らすことができる、みんなの努力で」などと発言した。

 石原取締役は、収録後に放送の是非を検討したと説明。「(差別の意図がないと)伝わるだろうと思い放送したが、批判は受け止める」と話した。