収拾のつかなさが前代未聞!「竹中直人という総合芸術」

©株式会社radiko

竹中直人

6月1日に放送された『Love On Music』(毎週土曜、9:00pm〜 DJ: 佐藤タイジ(シアターブルック) / サブDJ: ジョー横溝)に、竹中直人が初登場!

説明不要の大スターとのトークに「この日が来るのが楽しみだった」という佐藤タイジ。嵐のようなオープニングから、ここでしか聞けないセッション、さらには俳優・竹中直人としての意外な人との思い出話など、そのトークはあらぬ方向にいったりきたり。収拾のつかなさが前代未聞!「竹中直人という総合芸術」を存分に味わったと言うこの日の放送。

竹中直人

カツラトークから出会いの話に?

ジョー:僕が一番最初にテレビで竹中直人さんを見たのは「笑いながら怒る人」でしたから。あれ、何年前ですか?

竹中:27歳の時ですから35年前。それがデビューでしたからね・・・遠い昔ですよ、若かったな〜、髪の毛いっぱいあったんだよ。タイジはそれ、カツラだろ?なんだよ、その髪の毛!風にあびくこと自体が許せねぇんだ!

タイジ:カツラじゃないっすよ!!(笑)

竹中:タイジと出会ったのは、まだ赤ちゃんの頃ですよ。タイジが胎児の頃だよ!胎児なのに大丈夫か!?って。「大丈夫!」って答えるから、「化け物かー!」って、1回放っちゃったんですよ。そしたら石に“がーん”ってぶつけちゃって、俺をじっと睨みつけたんですよ。

ジョー:(笑)その頃からタイジさんのロックスピリットが生まれた?

竹中:そうかもしれないですね。この前も野音で久しぶりにお会いした時に、いろんなミュージシャンにガンつけていましたから。怖かったですよ〜!Charが楽屋の裏口に入って来るときにタイジが、腰に手を当てて胸はって、顎あげて「はっ!はっ!」ってCharさんを睨みつけるから。高野寛くんもそれに気づいて、何やってんだろね、あいつって。

タイジ:言ってないから!語弊ありますから!仲良いですからね!

激アツのLIVEセッション

CDプレイヤーを借りに来る内田裕也

前半のぶっ飛んだトークを超え後半は、内田裕也さん、さらには萩原健一さんと竹中さんとの知られざるエピソードが続々披露されます。

ジョー:裕也さんとも、ご縁が深かったんですよね。

竹中:裕也さんと深く付き合ったのは、木内一裕監督の『共犯者」という映画。初共演だったんですよ。俺、ブラジル帰りの日系人の殺し屋なんですけど、裕也さんは無国籍の殺し屋で、最後戦いあう映画なんです。そのときに裕也さんと俺は敵同士だから、俺とは一切口をききたくないってことで、楽屋も別々だったんですけど、裕也さんのおつきの方が僕の控え室をノックして、僕がCDプレイヤーを持っていたので、「うちの裕也がちょっとCDプレイヤーを貸して欲しい」って言うから、お貸ししたんです。そうしたら、裕也さんがどんな曲を聞くか気になるじゃないですか!だから僕、そっと裕也さんの楽屋のドアの外で耳をすませていたんです。そしたら意外な曲が流れてきたんです。なんでしょう?

2人:なんですか・・・??

竹中:なんでしょう・・・。裕也さんクイズ!ヒントは「切ないな〜。久しぶりに聞くと、この人の声は最高だな〜」「女性の声です!」

――急きょ出された「内田裕也クイズ」。2人は、ビートルズかローリングストーンズ?シナトラ?尾崎紀世彦!エディット・ピアフ!!と正解を当てにいきますが、なかなか当たりません。その正解は・・・・・・カーペンターズだそう。「裕也さん、カーペンターズかー!」と竹中さんはその漏れ聞こえてくる音楽がとても意外だったとか。

写真手前から竹中直人、佐藤タイジ、ジョー横溝

ショーケンとアデランス

そんな内田裕也さんのエピソードから、平成が終わる前に旅立った人の話へ。竹中さんから「萩原健一さん話」が飛び出します。

竹中:僕、31歳の時に、五社英雄監督作品「226」って言う映画で初めて萩原健一さん、ショーケンと共演させていただいて。琵琶湖にセットを作っていて、撮影の初日、琵琶湖を眺めながら、ぼーっとしていたんです。そしたら遠くの方から「竹中さ〜ん!竹中さ〜ん!!」って、萩原さんが走ってきて。「見てるよ〜」と僕に言ってきたんです。

「見てるよ〜、アートネイチャー!」って言われて。

僕、当時、アデランスのCMやっていたんで、
竹中:「アデランスですね」
萩原:「アートネイチャーだろ〜!」
竹中:「いや、アデランスです」
萩原:「アートネイチャーだろ!」
竹中:「いや、本人が言ってるんだから、アデランスです」
萩原:「いや、アートネイチャーだろ!!」
竹中:「・・・・・・・アートネイチャーですね」

これが最初の会話ですよ!それ、覚えているんですよね。も〜う、萩原さん、最高でしたよ、かっこよかった。夢のようでしたよ。

――さらに、萩原健一さんとの裏話は続きます。

竹中:土日が撮影休みでね。「竹中さん、恋してるの?」って聞かれて。当時、京都の河原町の喫茶店でバイトしている女の子がとても可愛くて、撮影が休みの日は文庫持ってよく行っていたんです。そこに「僕、連れて言ってよ」って萩原さんが。なので、河原町に2人でバスに乗って行ったんです。そして、喫茶店にたどり着いたんですが、彼女はいなかったんです。「萩原さん!今日休みみたいです!」って言ったら、“バン!”って僕を押しのけて、「ここに竹中直人いるんだけどさ〜、竹中の好きな子がさ〜!」って言い出すから、ものすごい力で「萩原さんやめてくださいよ!!」って引っ張ったんですよね。

2人:(爆笑)

タイジ:今日のこれ、宝箱のような。2回に分けていいくらいの!とれ高半端ないです!

――貴重な爆笑トークだけにとどまらず、新しいロンドンブーツとチョッキを買ったという「中津川ジャンボリー君」との、ここでしか聞けないブルースライブ、RCサクセション「いいことばかりはありゃしない」のカバーなど、佐藤タイジとのレアなセッションも楽しめた濃厚すぎる1時間でした。

写真左よりジョー横溝、竹中直人、佐藤タイジ

Love On Music

放送局:InterFM

放送日時:毎週土曜 21時00分~22時00分

出演者:DJ: 佐藤タイジ(シアターブルック)サブDJ: ジョー横溝

番組ホームページ

この番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。