高橋一生が「凪のお暇」で黒木華の元カレ役! 空気を読むキャラに「人間味を感じて愛らしい」

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系で7月期放送の連続ドラマ「凪のお暇(なぎのおいとま)」(金曜午後10:00、開始日未定)に高橋一生が出演することが決まった。突然失踪する主人公・大島凪(黒木華)の元カレ・我聞慎二役を演じる。

ドラマはコナリミサト氏の同名漫画を原作に、周囲の顔色を伺いながら生きることに疲れた主人公の家電メーカーOL・大島凪(黒木)が、会社を辞め、借りていたマンションの一室を引き払い、彼氏とも連絡を絶ち、人生をリセットする物語。脚本はドラマ「花燃ゆ」「あなたには帰る家がある」などを手掛けた大島里美氏が担当する。

慎二は凪と同じ会社で働く営業部のエース社員で、その場の空気を瞬時に読み、営業成績は常にトップという役どころ。しかし、凪に対しては恐ろしく不器用で、感情に言動が伴わず、凪のことを思っているのに何をしても嫌われてしまう。

高橋は「慎二という役は、とても空気が読める男。人にこういう風に思われたいとか、うまく空気を読みながら生きているのですが、恋人に対しては不器用に過剰になってしまうところはとても共感できますし、同時に人間味を感じて愛らしいと思ったりもします」と役柄に親しみ感じていることをアピール。さらに、「全体を通して恋愛の描写も多くあるのですが、人と人との関わりが根底にある物語だと思います。必ず共感してもらえるキャラクターがいると思いますので、それぞれに感情移入して見ていただくのもいいですし、『人間ってみんな大差なく滑稽なんだよな』と見ていただくのもいいかと思います」とドラマの見どころを訴えている。