久保建英はどうなる…PSG、ラビオと契約延長説

©株式会社コリー

6月4日で18歳になった久保建英。移籍先のひとつとして噂されているのが、パリ・サンジェルマンだ。

そのPSGはこの夏に様々な動きを見せている。すでにリザーブチームを廃止し、若手育成の場をU-19チームに一本化することが決定済み。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

また、ミランのテクニカルディレクターを辞したレオナルドが、スポーツディレクターとしてPSGに戻ってくるという話も。そのため、契約満了に伴い退団するMFアドリアン・ラビオとの契約延長説が急浮上している。

もしそうなればまさに青天の霹靂だが、『RMC Sport』によれば、その可能性はないようだ。

関係者が「法的な対立も存在するため(契約延長は)ありえない」と否定したとのこと。

【関連記事】久保建英と中井卓大が再会!2人の“天才少年”の現在がこれ

なお、ラビオの移籍先としては、マンチェスター・ユナイテッドが候補になっているようだ。