アニメ「ギヴン」梶秋彦のPV公開! 江口拓也「一つ一つの行動が心に染み込んでくる」

©株式会社東京ニュース通信社

「シェリプラス」で連載中のキヅナツキ氏による漫画「ギヴン」が、フジテレビの深夜アニメ枠ノイタミナで初のBLコミックのアニメ化として、7月よりスタートする(開始日未定)。5月16日より毎週木曜に4週連続でキャラクターボイス入りの「talk to_PV」と場面カットを解禁しているが、ラストとなる4週目は、声優・江口拓也による梶秋彦のキャラクターボイス入りPVと画像が解禁された。

物語は、好きだったはずのギターも、面白かったはずのバスケも、くすんで見え始めたある日、上ノ山立夏(声・内田雄馬)が佐藤真冬(声・矢野奨吾)と偶然出会うところから始まる。日々の生活の中で音楽への情熱を失いかけていた立夏だったが、偶然聴いた真冬の歌が刺さり、2人の距離が変わり始める青春バンドストーリーとなっている。

今回解禁されたキャラクターボイス入りPVでは、梶が「人を好きになるということ」について語る、彼独自の恋愛哲学が伺える艶っぽいPVに仕上がっている。声を担当する江口は「オーディションの際、初めて読ませていただいてとても繊細な作品だなと。一つ一つの行動が心に染み込んでくるというか。読者の日常にも寄り添ってくれているような親近感を感じました。僕の演じる秋彦は、見た目は怖いけどめちゃくちゃモテるヤツ。良い男です。そして人たらし(笑)。ズルい! 好き!って思ってもらえるように全力で演じます。よろしくお願い致します!」とアピールしている。