飛び込み、12歳玉井陸斗は4位

国際大会デビュー戦

©一般社団法人共同通信社

男子高飛び込みの決勝で4位だった玉井陸斗=マドリード(共同)

 【マドリード共同】飛び込みのグランプリ(GP)スペイン大会は7日、マドリードで行われ、4月の日本室内選手権で最年少優勝した男子高飛び込みの12歳、玉井陸斗(JSS宝塚)が377.85点で4位に入った。

 兵庫・高司中1年の玉井はシニアの国際大会デビュー戦で予選、準決勝を勝ち抜き、上位6人による決勝に進出。表彰台争いを演じたが、ミスが響いて3位と7.45点差で表彰台を逃した。